Powered by KOMPRESSOR
日々の生活での出来事・感じる事を、文才のない私が自己満足のためにだらだら綴ります。つまらない話にお付き合い下さい。
02 | 2006/03 | 04
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入れ替え
年に二回やることといえば、春夏物の洋服と秋冬物の洋服の入れ替えです。これが結構ダルイんですよね。

半年以上前にも書いた覚えがありますが、私の少ない洋服コレクションを調べてみるとカルバン・クラインタケオ・キクチが多いんです。
だからなんなのよって言われても困るんですが、なぜか昔から「これいいなぁ・・・」と思うのがたまたまカルバンとタケオなんですよねぇ。

あとあえて挙げるとなんだかヒュンメルが好きだと思います。(笑)

さあそろそろ本格的に暖かくなりだしているので、早めに入れ替えちゃおうと思ってます。


CK_Introcalvinkleintop01.jpg


スポンサーサイト
連日交戦中
IMG_0292acecombatzero01.jpg


先日待ちに待ったPS2のゲーム、「エースコンバット ゼロ」が発売になり、早速やりまくっています。

さすがエースシリーズ、今回もクオリティが高く物凄く面白い!このゼロはプレイスタイルによって自分の評価が変わっていくというマルチエンディング要素があって意欲的な作品に仕上がっていると思います。
とりあえずこの週末の内に一度クリアはしたのですが、それでも本来のフライトシューティングとしてのやりこみ感が薄いというか、ステージのボリュームが少し足りない気もします。「えっ?もう終わりなの?」って感じでした。
まあまだ二周り目、三周り目とやっていくともう少し評価も変わるかもしれませんが・・・。

でも開発者がインタビューで語るように、爽快感を追求したという意味ではその通り爽快にガンガンにプレイ出来て楽しいです。
いやぁ、そんな感じでもうしばらくやりまくりの日々が続いちゃうでしょう。(笑)

テーマ:ACE COMBAT ZERO BELKAN WAR - ジャンル:ゲーム

足元のお洒落
お洒落は足元からと言いますが、その通りだと思います。
ホテルマンは訪れたお客のレベルを靴を見て判断するなんて言いますし、どんなに高価なスーツをパリっと着こなしていても革靴がヨレヨレじゃあカッコつかないですよねぇ。

とまあそんなこんなで今回は車の話をしてみます。

最近街を走る車を見ていてなんとなく気づいた事があるのです。もちろん最近の新型車はどれも見とれてしまうようなデザインでカッコイイですよね。それは当たり前であって、私が思ったのが足元の話でどの車も凄くカッコイイ大径のホイールを履いているんです。

私が免許を取って車が欲しくてしょうがなかった頃(だいたい今から10年ちょっと前)は、一部の超高級スポーツ外車しかそんな大径のアルミホイールを装着している車なんてなかったです。
だから車好きが車を買ってまずするのは、カー用品店で自分好みのインチアップしたアルミホイールに交換してさらにサスペンションも交換して車高を少し落としてやることでした。

なにせその当時国産なんかでは現在絶版となってしまったスープラ(3000ccクラスの大型スポーツカー)でさえ純正は16インチが標準で、17インチアルミが標準で装着された時に雑誌などで「ついに」とか言って騒がれていました。
普通のセダンなんかは14インチとか15インチが標準でした。

今は17インチなんて当然で、2000ccクラスの車にさえ18インチを搭載したりしてるんですよね。正直言って私の感覚から行くとありえないです。
だから今の車はわざわざホイール交換なんてする必要が無いように思ってしまいます。それにフェンダーとタイヤの隙間もサスペンションがいい感じに調整されていて、気にならないようになっているんじゃないでしょうか。一昔前の車は手のグーの拳がまるまる入るくらいスカスカだったりしました。だからホイールをインチアップしたら車高を落とさないとカッコつかなかったんです。

ホイールやタイヤから見ても時代は進化してるんだなあと思わされる事実ですね。

車に興味の無い人にはどーでもいい話ですが、ちょっと気にして車の足周りを眺めてみてはいかがでしょうか。


mbC-class200masimawari01.jpg
車のこの辺りを眺めてみると意外に面白いかも・・・

テーマ:ひとりごと - ジャンル:車・バイク

春に向かって
三寒四温とはよく言ったもので、暖かい日があったと思えば寒い日が続いたり・・・。ああ少しづつ春へ向かって季節は動いているんだなあ、と感じる今日この頃です。

春といえば新生活。友人が部署の移動になったりする中、あいかわらず私には特別変化は無いんですよねぇ。
でも何かを始めたり、力を入れて何かに打ち込んだりするのに良い季節なので、いろいろ頑張ってみようと思ってます。

さてまずはどうしようかなぁ・・・。


Capture_04denpo-haru01.jpg
なんとなく春はいいですねぇ

車検
!cid_A0001mycar-meter01.jpg


車のオーナーなら2年に一度やって来る(新車時のみ3年に一度)面倒なイベント、それが車検です。

法定費用といって何万も取られて、さらに整備費用としてまた何万も取られる。結局10万以上は必ずかかる。非常に財布に厳しいイベントなのです。

車検は安全のためとか言っていますが、国とかが儲けるためだけの無駄な制度だと思います。でもこれをやらないと思いっきり違法改造したり、全く整備しないで危険な状態で乗り続けたり、税金や自賠責を払わない人が出てくるのも確かで、まあ無くすわけにはいかないというのも現実なんでしょうが・・・。
とにかく車を大切にして普段からきちんと整備を行っている私にとっては、不必要な出費を強いられるだけの無駄な制度に変わりないのです。

いつもは一番簡単で面倒が無いのでディーラーにそのまま預けていたのですが、いつも沢山の部品交換やら調整とかされて高額な整備費用を請求されてしまうので、今回なるべく安い所でやってもらおうと思って家の近くの民間車検工場に頼んで預けてみました。


copy2IMG_0291yamato-syakenn.jpg
今回お願いしたヤマト車検

まず見積りをみてビックリ。かなり安いんです。今までいかに不必要なお金をたくさん取られていたかがわかります。でもホントに整備らしい整備ってほとんどやらないんですね。とりあえず事務的に検査だけ通してしまえばそれで良いって感じなんです。まあ安い方が良いとはいえ正直それはそれでちょっと不安といえば不安ですけど、でもまあ一応そこは相手もプロなのでしっかりやってくれるものだと思います。

とにかく早く済ませてしまいたいです。


テーマ:車検 - ジャンル:車・バイク

ダンス・ポップ・サミット
copy-banner-bg80dancekokusaiforamu01.jpg


昨日の土曜日は有楽町の国際フォーラムへ「80's DANCE POP SUMMIT」というコンサートへ行って来ました。

80'sということでお客さんの年齢層は、その時代に20代とかの青春時代を過ごした人たちがほとんどで、私より年上の30半ば~40代がメインのイベントでした。
私はというとベリンダ・カーライルの大ファンで、その他にもラジオやテレビでたくさん今回の出演者たちの曲が流れていたので良く聴いていたのですが、1980年代後半の日本がバブル経済の最高潮を迎えていた頃はまだ田舎の中学生でした。だからダブルのスーツを着てベイエリアのディスコに行ってボディコンのオネーチャンと・・・、なんてことは出来ませんでした。(笑)

簡単に言えばオッサンとオバサンが昔を懐かしんで盛り上がるコンサートってことなんですが、そのパワーたるや衰えを知らずに驚いてしまいました。コンサートが始まり最初にマイケル・フォーチュナティが登場するやいなやいきなり総立ちで踊りまくり、騒ぎまくりでした。恐るべし!
私も最大のお目当てであるベリンダ・カーライルが登場すると周りの目も気にせず大盛り上がりしてしまい、「Heaven Is A Place On Earth」を彼女が歌いだした時は思わず一緒に大熱唱してしまいました。

お恥ずかしい話ですがコンサートは我を忘れて盛り上がる事が出来て大満足でした。
まあその後は普通にメシを食って、興奮を冷ますために酒を飲んで帰りました。

でもやっぱ今度はベリンダの単独ライブが観たいかなぁ・・・。


IMG_0286kokusaofo-ramu0311.jpg
夕方の国際フォーラム

IMG_0288dancepopsummittiketto01.jpg
8500円のチケット

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

どうなるの?
20060306-00000378-reu-bus_all-view-000vodafone01.jpg


携帯電話の話です。
私はボーダフォンユーザーです。別にボーダフォンが好きだからではなく、J-PHONE時代から使っていて電話番号が変わるのが面倒だからとか長く使っていて長期割引で基本使用料が安いからという理由ぐらいなんですけどね。10年くらい前、携帯が普及しだした時はエリアとかいろんな面でドコモが圧倒的なサービスを誇っていましたが、あまのじゃくの私は長いものに巻かれろって感じが嫌だったのでドコモ以外から選んだのです。私の兄もボーダフォンですが、兄なんてJ-PHONEの前のデジタルホン時代からずっと使って現在に至ります。

今更中高生でもないので、携帯の機能がどうだとかコンテンツの充実度がどうだとかなんてあまり気にしませんが、それでも今のボーダフォンがいろんな面で他社に遅れをとっているのはわかります。
J-PHONE時代は調子良くて一時期ドコモに追いついただとか追い越しただとか大騒ぎになったのに・・・。
ボーダフォンの良い所は世界中にネットワークが張り巡らされていて、海外でもエリアとかほとんど気にすることなく自由に使えるって事くらいのものでしょう。私も一昨年前ヨーロッパ旅行へ行った時に、海外でも日本と同じように写メールとか通話が出来ることに感動しました。
しかしそんなことはしょっちゅうあることではないので、日本で使う限り全く関係ない事です。

なぜこんな話をしたかというと、ボーダフォンの日本法人がソフトバンクに巨額で買収されるというニュースが流れたからです。ソフトバンクは他にも通信業の日本テレコムを買収していて、そっち方面にかなり力を入れてるみたいですね。
まあユーザーのこちら側にしてみると、なんか納得いかない部分もあったりしますが良いサービスさえしてくれればどうでもいいって感じなんですけど。

今年の後半か来年にはナンバーポータビリティー制度(番号持ち越し制度)が始まるらしいので、一応キャリア変更も考えてみようかなぁ・・・。



テーマ:Vodafone - ジャンル:携帯電話・PHS

衰え?
idx_pic01superdry01.jpg
大好きなビール スーパードライ

今週末はけっこう深酒をしてしまいました。というか量そのものはそんなに飲んではいないと思うのですが・・・。なんだか最近弱い気がします。

それからこれは贅沢になったという考え方もできるかもしれませんが、すぐにタクシーを使いたがるようになってしまいました。
仕事帰りに食事してちょっと一杯って程度ならもちろん平気なのでちゃんと電車で帰るのですが、"飲み"になってある程度の量が入ってしまうとすっかりだらしなくなって、まだ終電があるのに体がダルイとか眠いとか言ってすぐタクシーで帰っちゃえって感じになるのです。

タクシー代ほどバカバカしいものもないなあと思うのです。もちろんタクシーも必要な時というのはありますが、5000円とか8000円とかちょっと我慢して電車を使えば節約できるのに、それが出来ないと言うのが情けないです。

もちろん二十歳の学生の頃とは比べてはいけないと思いますが、お酒に関してはすべてにおいてだらしなくなったというか、弱々しくなってしまった感じがして残念です。



さよならハイカ
IMG_0277haika-01.jpg
未使用ハイウェイカード

車に乗る人ならご存知かもしれませんが、この3月でいよいよハイウェイカードの使用が出来なくなります。何年か前に5万円と3万円の高額カードの使用を中止してついに今回の全面使用禁止です。

まあETCへの切り替えを促進したいという一面もあるのでしょうが、後を絶たない偽造カードの被害が大きな理由なのでしょう。
私はハイカを愛用していたため、今回の事はなんか納得いかない気がしますが仕方ないですね。

まだ使ってないカードがあるので早めに払い戻し手続きをしなくてはなりません。はぁ~面倒くせ~。










AD



プロフィール

ヨクタン

  • Author:ヨクタン
  • 東京在住の会社員。
    ♂。
    趣味は自動車(ドライブ、レース観戦)、音楽鑑賞、楽器(A・SAX、バイオリン)、映画(DVD)観賞、スポーツ(ゴルフ、野球)、旅行、パソコン。

    ※どうぞ気軽にコメント・TBして下さい。励みになりますので・・・。ちゃんとお返事させていただきます。拍手だけでも結構ですのでよろしくお願いします。
     ただし一般的に不快に感じるモノなどはご遠慮願います。すぐに削除させていただきます。

    ※このページはブラウザの文字サイズ「大」に合わせてあります。
     IE6の場合 (表示→文字サイズ→大) に設定して、IE7・8の場合 (ページ→文字サイズ→大) に設定して御覧下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

PR1

















RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

相互リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。