Powered by KOMPRESSOR
日々の生活での出来事・感じる事を、文才のない私が自己満足のためにだらだら綴ります。つまらない話にお付き合い下さい。
08 | 2006/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知名度急上昇?
皆さんはキャノンのコンパクトデジカメというと何を思い浮かべるでしょうか?
多分「IXY」だと思います。

でもキャノンのデジカメはそれ以外にも「PowerShot」というラインアップがあるのです。
「IXY」は軽量・コンパクトというある意味現在のデジカメの流行の先端にある機種で、人気も高いと思います。
それに対して「PowerShot」は各社の最新モデルと比べると、大きくて重たいし、「IXY」のように宣伝にもあまり力を入れられていないデジカメなので、一部の写真ファン以外にはなじみの薄い機種かもしれません。

しかし昨日の9月28日からキャノンは今人気の女優3人(山田優、蒼井優、夏帆)を起用してデジカメ「PowerShot」とプリンター「PIXUS」の宣伝を開始しました。

実は私は数年前に悩みに悩んで初めて買ったデジカメがキャノンの「PowerShot」でした。それから今もそのシリーズのA610という機種に買い換えて愛用しているのです。
個人的に多彩な機能を持ったすごく良いデジカメだと思っているので、もっと沢山の人に広まればいいなあと思うし、なんか自分の使っているマイナー機種がテレビとかで大々的に宣伝されるのが嬉しいんです。

キャノンのHPにはスペシャルサイトが出来ていて、いろんな動画や画像が楽しめるようになっています。
キャノンのデジカメは「IXY」だけでなく「PowerShot」という良い機種もあるんだと、この機会に知ってもらえたらいいなあと思います。

まあでもいくら宣伝しても、軽くて薄くて小さくなきゃダメという人には見向きもされないカメラには違いないんですけど・・・。(苦笑)


canon3simai-ps-px01.jpg


スポンサーサイト
先得で
pict_index-sakitoku_aibu01.jpg



なんだかすっかり秋らしくなってきて、過ごしやすくなりました。

でもなんか秋って少し物悲しい気分になったりするんですよねぇ。
そこでパァーっとどこか行ってリフレッシュしてみたりしようかと計画しています。

結構先の話になりますが、どうせ行くなら飛行機でブォーーンと遠出したいので、最近宣伝でよく目にするJALの先得割引を使って出掛けようと思っています。
目的地は北か南かまだ迷っていますが、北海道の友人のところへでも行って秋の味覚満喫か、九州方面へ飛んで温泉にでもゆっくり浸かるかしようと思います。
あと沖縄で潮風に当たりながらこれまでの自分を振り返る・・・なんて良いかもしれません。(爆)

まあ気まぐれな私の思いつきですので、どうなるかわかりませんが・・・。
どうなることでしょう??


P.S. ちなみにJALは今年から次々にボーイングの新型のB737-800を導入し、再来年には最新鋭機B787を導入する予定だそうです。
ていうかB787乗ってみてぇ!


a_1024_768-boeing-b737-80001.jpg
B737-800

b_1024_768-boeing-b78701.jpg
B787


光の導入

今、実家の母親と近所の親戚の伯母から同じ相談を受けています。

母親からは昨日も携帯に連絡があったのですが、「やっぱり光ファイバーを導入しようかどうか迷っているんだけれども、どうしたら良いのかしら?」という内容なんです。

母も伯母も最近しょっちゅうNTTの代理店だとかいうところから電話がかかってきて、いろいろ快適で電話代も安くなると熱心に説明を受けるらしくてその気になってしまったようです。しかも今はキャンペーン中で工事費などが割引になっているようです。
なんだか良さそうだから申し込みたいけど、でもインターネットの事とかはちんぷんかんぷん。それで私のところに連絡してくるのでしょう。

でも母も伯母もパソコン(インターネット)をやらないのです。そんな人たちがなぜ?と思ってしまいます。よっぽど勧誘の電話をかけて来る人の話術が巧みなんでしょうか・・・。
一応どっちの家にもパソコンは置いてあってADSL回線は引いてあります。確かに実家に帰ったときや、伯母の家に泊まりに行った時などはそれぞれの家で私がインターネットを使います。
私にとってはより快適にネットライフが送れるようになるのであれば是非導入してもらいたいところですが、結構ヘビーにネットを使う私がまだADSLで普通にやっているのに、何もやらない母や伯母が「光」の導入に熱心なのがなんだか面白いです。

とりあえず母にも伯母にも「焦って導入する必要は無いと思うけどね・・・。まあ好きにしなよ。」と言っているのですが、二人はどうするのでしょうか?
ていうかそれなら私の家に先に「光」入れなきゃなぁ・・・なんて思う今日この頃です。



main_img_01nagasawa-hikari01.jpgmain_img_02nagasawa-hikari02.jpg


エラー出現2
!cid_A0001dvd-uriba01.jpg
メディア売り場

なにやら疲れていて昨日早く寝たら、夜中に起きてしまいました。
爺さんみたいだ・・・。

ところで先日大切なDVDにエラーが出たという話をしましたが、その後気になって保存してあるDVDをチェックしてみたらなんと!他にもエラーの出ているディスクを多数発見・・・。orz

弱り果てていたら、PCなら読み込み能力が高くなんとか再生できるとわかり、PCを使って同じものを作るというコピー作業を始めました。

そこで使うメディアですが、エラーの出ているのはTDKの一部のディスクと判明。現在TDKは新技術DURABIS(デュラビス)を使った「超硬」シリーズを発売していますが、私が使っていたのはその前のタイプでした。
それで一応今回はそのメーカーを避けて信頼性が高いと思うパナソニック製のディスクを買い込んできました。

私はDVD-RとDVD-RAMの二種類を使っているのですが、RAMにはエラーは出ていません。Rにのみエラーが出ています。
Rは互換性が高くて安価なので使いやすいですが、その分劣化などには弱いのでしょうか?

ともかくさっさとコピー作業を片付けてしまわなければ・・・。
これからは頼みますよ!TDKさん・・・。




err00002tdk-dvderr001.jpg

「かけがえのないデータをしっかりと守る」――それはTDKが長年、記録メディアメーカーとして掲げてきたテーマです。

TDKは、大容量メディア、より高品質・高信頼なディスクを追求し、記録・再生エラーの無いディスクの実現を目指しています。その最終目標が「エラー・ゼロ」のディスク。性能面だけでなく、「購入するとき」「使うとき」のエラーを防ぐため、販売・サポート体制も重要です。

こうした「エラー・ゼロ」にかける取り組みを、商品企画、開発、製造、販売といった一連のプロセスで一貫させ、「買う」「使う」「残す」といったさまざまな場面でエラーのないディスクを目指す――それがTDKのエラー・ゼロ計画なのです。


もったいないモノ
私は高校生の頃からカメラに興味を持ち出し、今でも写真を撮るのが好きです。

今はすっかり便利さからコンパクトデジカメばっかり使ってしまいますが、一応フィルムカメラですが一眼レフもちゃんと持っているんです。

高校生の時にお小遣いを貯めて、キャノンのEOS1000という今からすればオモチャのような一眼レフカメラを初めて買って、大事にいろんなモノをたくさん撮っていました。
しかしそのEOS1000が数年前に寿命をむかえたため、同じキャノンのEOSkiss5のWレンズセットに何万円も出して買い換えたのです。

ですが不運な事にそれを購入した頃はフィルムからデジタルへのちょうど移行期であり、私もその後しばらくして急速に性能を上げたコンパクトデジカメを購入してしまったため、EOSkiss5の出番はほとんど無いままケースに入れられっぱなしになりました。
せっかく買った良いカメラなのに哀しいことです。なので久々にケースから出して手入れしてみようと思い立ちました。きっとまだまだ良い写真が撮れるはずだと思いたいです。

でもどのメーカーもフィルムカメラの生産を終えると発表しているこのご時勢、やっぱり新型のデジタル一眼レフが気になって仕方ありません。
フィルムカメラには独特の味があると言いますが、どんどんと性能を上げるデジタルの勢いには敵わないんだろうなぁと思ってしまいます・・・。



IMG_0407EOSkiss501.jpg
CANON EOSkiss5

続きを読む

テーマ:【EOS Kiss】 - ジャンル:写真

皇帝の引退
20060909-0000784-reu-spo-view-00syu-02.jpg


昨日のF1イタリアGP終了後に皇帝ミハエル・シューマッハが、今年限りで引退する事を表明しました。
シューマッハの去就は今までいろいろとささやかれていて、"驚き"でもありましたが、"やっぱり"でもありました。

シューマッハは1991年にジョーダンからF1にデビューしてから今までの15年間で7回もワールドチャンピオンになり、その速さ、強さはもちろんのこと、人身掌握やチームマネージメント能力まで持ち合わせた最強のドライバーであることに異議を唱える人はいないと思います。

でも私は昔からシューマッハというドライバーが好きではありませんでした。
なんだか高慢な態度が不愉快に思えたのと、チャンピオン争いの決定的場面で1994年と1997年の二回もライバルに体当たりするなど、スポーツマンらしくない行為を行う汚いイメージがあるからです。(まだ新人の頃、乱暴な運転でセナに説教をくらったりしていましたね。笑)
また1996年からはフェラーリの顔として定着しているのも原因かもしれません。なぜかフェラーリというチームが私には好きになれないのです。やはりホンダやメルセデスが好きなのです。

しかしながら引退となるとやはりF1界も寂しくなって少し残念です。なにはともあれ今までのF1を盛り上げた功績には敬意を表したいと思います。

さてそれはそれでグランプリも残り3レース、ルノーのアロンソとフェラーリのシューマッハとのタイトル争いも大詰めです。シューマッハは最後に有終の美を飾れるのか?
今年の日本GPはF1初のハイビジョン放送だし、楽しみにしたいです。



テーマ:F1 - ジャンル:スポーツ

戦記モノ
小さい頃から私は歴史が好きで、特に第二次大戦(太平洋戦争)時代の昭和のはじめ頃の歴史に強い興味があります。

よく学校にやたら「三国志」に詳しくてそれ関係の本とかマンガとか読みまくっているヤツとか、「戦国時代」にもの凄くロマンを感じて有名な武将の事を熱く語ったりするヤツが一人くらいはいましたよね。
要するに私もそんな感じなんです。

それで第二次大戦関連の本や戦記マンガを、私はいつも買いあさってしまいます。
読んでいて実に興味深い!っていうか面白い!一度読み始めると時間を忘れるくらい熱中してしまいます。

まだそれから60年から70年くらいしか時間が経っていないので、ロマンと言うには早すぎると思いますが、国と国とが威信を賭けて闘った記録です。できれば沢山の人に興味を持ってもらえたらいいなあと感じます。


IMG_0402sennkimono-01.jpg
最近買った本

IMG_0406sennkimono-02.jpg
戦記マンガ

親王のご誕生
20060906-0000361-reu-bus_all-view-kikosama01.jpg
紀子さま


昨日9月6日に秋篠宮文仁親王に親王がお誕生されました。
実におめでたい事です。

これであれこれ論議されてきた皇位継承問題もしばらくは静かになるのではないかと少し安心しました。

ちなみに今まで延々と論議されてきたにも関わらず、私は女性天皇と女系天皇の違いもまるでよく理解していませんでした。
そこで時々お邪魔させていただいているサイトなどから自分なりに勉強してみようと思い、いろいろ引用させてもらって調べたことを載せてみたいと思います。


政府は報告書に基づき皇室典範改正案を次期通常国会に提出する。改正が実現すると、現行の「男系男子」に限定した皇位継承資格が女子やその子どもの「女系」皇族にも拡大、皇太子さまの次に愛子さまが皇位を継ぐ道が開けるとともに、伝統的な皇位継承制度は大きく転換する。

この問題の最大の焦点である、「男系」「女系」とはそもそも何か。これはわかり易く言えば、「男系」とは、Y染色体を継承しているかということです。高校の生物の授業で習ったと思いますが、男性はXYという染色体を持ち、女性はXXという染色体を持ちます。そしてその子供は、男性側と女性側から一つずつの染色体を受け継ぎます。そのとき、男性側からY染色体を受け継げば子供は男性となり、Xを受け継げば女性となります。つまり「男系」を維持してきた現在の日本の皇室は、天皇制という制度が出来たはるか古代から、現在までずっとY染色体を継続してきているのです。これは単純に血が繋がっているというレベルの話ではなく、世界中見てもこれほど一貫した由緒のある王朝は他に存在していません。
 しかし、もし「女系」が認められれば、神武天皇以来2600年以上(確実に確認できるだけで1400年以上)にわたり受け継がれてきた由緒あるY染色体の継承は平成のこの時代で途切れてしまうことになるわけです。
 
 ここで注意しなければいけないのは、「女系天皇」と「女性天皇」の違いです。「女性天皇」は過去の歴史においても、男系男子がまだ若すぎる等の理由で即位することはありました。現代においてもこれは問題がないと思われるのですが、多くの日本人が、この「女性天皇」と「女系天皇」を正確に理解しておらず、現在行われている議論が単純に「女性天皇」を認めるかどうかだと勘違いしている方が多いと思われます。これは非常に問題であり、日本という国家の歴史と伝統の根幹に関わるこの問題について、政府の責任でこの問題は正確に国民に説明するべきではないでしょうか。
 私は、2600年以上続いているこの日本の由緒ある伝統を、この我々の時代にたった数人の諮問機関によって、天皇家の意見も一切聞かず、また国民の意見も一切聞くことなく途切れさせてしまっても良いのか大変疑問に思います。 2600年以上も続く日本の古来からの伝統です。少なくとも、この問題は天皇家を含め国民の意見を広く取り入れ、時間をかけて議論されるべきです。そして最終決定には国民の真意を問わなければいけないくらいの重要問題だと感じます。

これまで皇統外(女系)天皇が即位したことは 125代中、一度もありません。
女性天皇が即位したことは 8人10代の例あります。ただしあくまで父系(男系)男子の即位が基本であり、父系(男系)男子が若すぎるための中継ぎであるとか、父系(男系)男子間での皇位継承争いを防ぐなどといった目的で即位していました。

またこれまでの女性天皇は、
婚姻している状態で即位したことも無ければ、
即位後に結婚したことも無ければ、
即位後に子供を産まれたこともありません。
生涯独身の方も4人おられました。

子をもうけることで生じる皇統外(女系)天皇誕生の可能性の芽すら摘むべく歴代女帝が腐心していたことを伺い知ることができます。

もし女性天皇はいたわけだからからいいのではないかと思っているのなら、
愛子・眞子・佳子内親王殿下にこういう人生を歩ませたいのか、
それともこういう不文律を破るつもりで賛成するのか、
ということも熟考して欲しいところです。

またあたりまえのことではありますが、皇位継承可能な父系(男系)男子がいない状態での女性天皇の即位もありません。そのような状態での女帝誕生は次がないわけですから皇統の断絶を意味するも同じなのです。




なにやら難しいのですが、つまりは生物学的に言った場合代々続くY染色体を他のものに入れ替えることはいけないという事のようです。
また女性天皇とはまずはじめに男系男子の存在があって、その後はじめて存在できるものだということのようです。(正しいかな?)



aikosma-kodmo-keifu01.jpg
女系とは図にした場合こうなるようです・・・


うーん・・・、どうすべきなんでしょう・・・。難しい・・・。
でも今はとにかく新しい皇室の命の誕生を喜びたいと心から思います。



エラー出現
今現在私はもうテレビの録画などにVHSは使用しておらず、DVDを使っています。過去に大切に録画保存しておいたVHSテープもほぼHDD経由でDVDにダビングし終わりました。
もう私のようにDVDへの移行が済んでいる人も多いのかもしれません。

そのDVDメディアですが、私にはこだわりがあります。必ず日本メーカーの日本生産品を使うようにしているのです。
つまりパナソニックTDKマクセルなどのメーカーの日本にある工場で生産されたモノを使っているのです。(時々日本メーカーでもマレーシア生産品などの海外工場製があるので注意!)
大切な映像を残すために使うのですから、ちょっとばかし値段が高くてもそうしています。DVDは高密度ディスクなので、高い技術力を持って作らないとエラーがしばしば出る危険性があると聞いているので、海外製は怖くて使えないのです。
間違っても激安の台湾や韓国などのいわゆるクソメディアには手を出さないようにしています。

でも先日ついにエラーが出てしまいました。
録画してあったのはVHSから移行した大事なビデオで、エラーが出たときはショックというより、もう悲しかったです。
一応念のためにVHSテープも保管してあったので難を逃れる事ができましたが、こういうことはもうあって欲しくないです。
日本メーカーの日本生産品でも起こるのですから、怖いと思ってしまいます。
ちなみにTDKのヤツでした。私は結構お気に入りで信頼性は高いと思っていたので意外でした。
私はデッキはパナソニック製を使っているのですが、やっぱりパナソニックのメディアが信頼性も高く相性が良いようです。

VHSテープと違ってDVDは一瞬で全部ブっ飛ぶので恐ろしいですよね。


20060902235433err0.jpg










AD



プロフィール

ヨクタン

  • Author:ヨクタン
  • 東京在住の会社員。
    ♂。
    趣味は自動車(ドライブ、レース観戦)、音楽鑑賞、楽器(A・SAX、バイオリン)、映画(DVD)観賞、スポーツ(ゴルフ、野球)、旅行、パソコン。

    ※どうぞ気軽にコメント・TBして下さい。励みになりますので・・・。ちゃんとお返事させていただきます。拍手だけでも結構ですのでよろしくお願いします。
     ただし一般的に不快に感じるモノなどはご遠慮願います。すぐに削除させていただきます。

    ※このページはブラウザの文字サイズ「大」に合わせてあります。
     IE6の場合 (表示→文字サイズ→大) に設定して、IE7・8の場合 (ページ→文字サイズ→大) に設定して御覧下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

PR1

















RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

相互リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。