Powered by KOMPRESSOR
日々の生活での出来事・感じる事を、文才のない私が自己満足のためにだらだら綴ります。つまらない話にお付き合い下さい。
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴルフって・・・
IMG_0238sinnnenngolf200601-2.jpg
ナイスショットする兄

年末年始は実家で過ごしましたが、大晦日と1月2日はゴルフに行ってきました。父・兄・私の3人で行う年末年始の恒例行事みたいなもんです。(母は留守番)

大晦日は少し寒かったものの、穏やかに晴れてスコアメイクもそれなりでとても楽しかったのですが、2日のゴルフは最悪でした。
静岡と山梨の県境近くのゴルフ場へ行ったのですが、山の天気でとても寒くおまけに途中から大粒の雨が落ち、さらに風までも吹き出したため、とにかくホールアウトだけを目指して冷たさで感覚が無くなった手でクラブを必死で握り、ひたすらボールを打ちました。楽しいというより凄く辛かったです。

あるゴルフメーカーのカタログにその時の気持ちを代弁するというか、十代の頃から十年以上やってきた私にとって非常に共感できる事が書かれていたので抜き出してみます。

誰かがしみじみと述懐した。
こんなに長くやっていてちっとも巧くならない。いったいゴルフをすることに意味があるんだろうか。
どんなに名を挙げていようとゴルフの神はそんなことは一顧だにしない。
叩きのめし、翻弄し、突き放し、寄る辺のないフェアウェイの荒野に置き去りにする。
頼みにするのは一本のクラブだけ。
ただ一発の銃弾でしとめるディア・ハンターの恍惚と不安さながら。
ゴルフの魔にとりつかれた者にとって、それは道具というよりは己を支える背骨のようなもの。
高潔に、美しく、晴れやかにプレイするための規矩(きく)。
「人にまっすぐ立たされるのではなく、自らまっすぐ立っているのでなくてはならない。」
戦場にありながら思惟(しい)することをやめなかった哲人皇帝マルクス・アウレリウスのことばこそ、ゴルファーの座右の銘だ。


ちょっとカッコつけた感じの言葉ですね。でもゴルフだけに限ったことでなく、好きな趣味があってそれを突きつめようとすれば自然とそんな気持ちに出くわすことがあるのではないでしょうか。
たまたま私は冷たい雨に打たれながらプレイしつつ、その言葉と似たようなことを考えていました。


関連記事

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ







コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kompressor.blog12.fc2.com/tb.php/99-e0d01f40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

AD



プロフィール

ヨクタン

  • Author:ヨクタン
  • 東京在住の会社員。
    ♂。
    趣味は自動車(ドライブ、レース観戦)、音楽鑑賞、楽器(A・SAX、バイオリン)、映画(DVD)観賞、スポーツ(ゴルフ、野球)、旅行、パソコン。

    ※どうぞ気軽にコメント・TBして下さい。励みになりますので・・・。ちゃんとお返事させていただきます。拍手だけでも結構ですのでよろしくお願いします。
     ただし一般的に不快に感じるモノなどはご遠慮願います。すぐに削除させていただきます。

    ※このページはブラウザの文字サイズ「大」に合わせてあります。
     IE6の場合 (表示→文字サイズ→大) に設定して、IE7・8の場合 (ページ→文字サイズ→大) に設定して御覧下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

PR1

















RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

相互リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。